2007年03月06日

アナログテレビの行く末は…今後いかに?

中央環境審議会と産業構造審議会の報告によると、
07年以降、
アナログのブラウン管テレビ約5000万台が、
家電ごみとして排出されるとの推計だそうです。

たしかにこのままほうっておけば、
地上デジタル放送が始まって、
今のブラウン管テレビはほとんど用済みになってしまいますものね。

専用のチューナーを買えば、
ブラウン管テレビでも地上デジタル放送は受信できるのですが、
それならいっそ、
液晶かプラズマに買い換えようってのが人情。
ブラウン管テレビの廃棄の波を抑えることは出来なさそうです。

我が家にもまだ2台ブラウン管テレビがありますが、
今は捨てるだけでも、
家電リサイクル法で結構な金がかかるんですよ…はあ…

でも、先週のガイアの夜明けで、
日本のブラウン管テレビは、
フィリピンとかに持っていけば、
飛ぶように売れるというのもやってました。

ただ捨ててゴミになるくらいなら、
そういう再利用の方法もありかと思います。
地球には優しくしなくてはいけません。

関連のヤフーニュースはこちらです、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000104-mai-soci
posted by ソライロ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35388052

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。